ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Kittydarは指定した写真から猫を検出するソフトウェアです。

FacebookがFace.comという顔認識技術を持った企業を買収しました。iPhotoなどでも顔認識の技術が用いられており、注目を集めています。しかし顔=人ではありません。今回紹介するKittydarは猫の顔を認識する新しいタイプの顔認識ソフトウェアになっています。


トップページです。猫の画像をドロップします。


これはサンプル画像。確かに認識されています。


こちらはゼロ。確かに猫はいないように見えます。


おお、ちゃんと認識されている。


この画像の場合2匹しか検出されていません。

さすが猫とあって人間とは異なる検出技術が必要になるようです。認識精度はまだ高くありません。誤認識は少ないものの、猫自体を検出してくれないケースが多いようです。しかしオンライン上には猫の写真もたくさんあります。ぜひ猫をいち早く見つけられる、そんな存在になって欲しいものです。

Kittydarはnode.js/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

Kittydarはたまたま猫ですが、写真の中から意味のある情報を見つけ出す技術というのは注目が高いです。似たような写真を見つけるという技術もありますし、写真の中に映った特徴あるオブジェクトが何であるか判別するというのは非常に難しく、それだけに貴重です。

ソーシャルサービスであれば人の顔でしょう。ショッピングであれば商品になります。旅先であればGPSと映り込んだオブジェクトによって判断できる所が大きいかも知れません。その他動物、アート、雑誌、不動産など様々な写真解析が望まれている状態です。

harthur.github.com/kittydar/

harthur/kittydar

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2