ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TextDownはGoogle Chrome上で動作するMarkdownエディタです。

Webアプリケーションはどんどん増えていますが、それでもまだ物足りない分野があります。それがテキストエディタです。そこで今回はWebアプリではなくGoogle Chrome機能拡張として動作するMarkdownエディタ、TextDownを紹介します。


インストールします。


完了しました。Google Chromeのアプリタブに入ります。ここから起動します。


最初にドキュメントのタイトルを決めます。


メイン画面です。左側がエディタ、右側がプレビューになります。


キーボードショートカットは多数用意されています。


エディタ部の幅を広げてみました。

TextDownは左右にエディタとプレビュー画面に分かれており、まさにMarkdownテキストを表示、編集するのにテキスト機能拡張になっています。現状は保存機能はもたないので、編集した後はHTMLとしてエクスポートしたり、Markdownファイルとしてダウンロードする必要があります。

TextDownはGoogle Chrome用、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Google Chrome用アプリが花開く瞬間が来るとすれば、それはChrome OSがもっと広まったときでしょう。常にオンラインであればChrome OSは使い勝手も良いでしょうが、移動中などはそういう訳にもいきません。そんな時にアプリがあるのは役立ちそうです。

また、AndroidもGoogle Chromeがありますので将来的にアプリが共通で使えるようになる可能性はあります(iOS版は制限が多すぎるでしょう)。そうなればAndroidのアプリ開発に対する選択肢がいくつも増えるでしょう。実現すればとても面白い状況になるでしょう。

via TextDown: Markdown editor for Chrome - Brett Terpstra

TextDown: Your New Markdown Editor

Chrome ウェブストア - TextDown

joaocolombo/TextDown

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2