ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BananaBreadはC++/OpenGLで作られたものをJavaScript/WebGLに置き換えたゲームエンジンです。

Webブラウザでどんなことができるのか、それを追求していくMozilla。今回はBananaBreadを紹介します。C++とOpenGLで作られたゲームエンジンSauerbratenをJavaScriptとWebGLで書き換えたゲームエンジンです。


データダウンロード中。Chromeでもプレイできますが、設定が必要です。Firefoxなら特に設定なく遊べます。


LOWを選びました。それでも結構負荷があります。


ゲーム中の画面です。LEVEL1では襲いかかってくる他のキャラクターを打ちまくります。


移動はAWSDです。マウスクリックで弾を撃ち、スペースキーでジャンプします。


あっけなくやられました…。


こちらはLEVEL2。敵はいません。色々散策できます。


9を押すとビューが切り替わります。自分のキャラクターの背中が見られます。


グラフィックスはとても奇麗です。


空中庭園(?)から落ちたら死亡でした。


武器の切り替えもできます。

BananaBreadはそれなりに負荷はありますが滑らかに動作します。ついにFPSまで遊べるようになってしまったのかという感じです。後はネットワークで繋がった友達、インターネット上のプレイヤーと戦えるようになれば完璧ですね。

BananaBreadはJavaScript+WebGL製、zlibライセンスのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Webブラウザだけでゲームができるようになると、インストールの手間もなくすぐに遊べるようになります(もちろん初回のデータダウンロードは大きいですが)。またGoogle ChromeやFirefoxなどのブラウザさえあればOSに依存もなくなるのが利点です。

現状のレベルではタブレットやスマートフォンで遊ぶにはちょっと辛いようですが、数年後にはスペックもあがって遊べるようになるでしょう。Webブラウザゲームが当たり前になれば、これまでの市場が大きく変化しますので、そこには新しいチャンスがたくさん眠っているはずです。

BananaBread | Demo Studio | Mozilla Developer Network

デモ:BananaBread

kripken/BananaBread

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2