ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GoogleMapsOverlayiOSはiOS6のMapKitの上にGoogleマップをオーバーレイするライブラリです。

iOS6になって最も不評を買っているのがマップアプリでしょう。デフォルトのマップビューを使うとOpenStreetMapベースになってあまりにも使い勝手が悪くなる…そう考える開発者の方はGoogleMapsOverlayiOSを使ってみましょう。


最初の起動時には位置情報の確認が出ます。


見ての通りGoogleマップです。


サイズを変更した時に、一瞬デフォルトのマップビューが表示されます。その後すぐにGoogleマップになります。


ちょうどこんな感じで移り変わる瞬間があります。


一旦変わってしまえば後は問題なく使えます。

GoogleMapsOverlayiOSは標準のMapKitの上にGoogleマップのレイヤーを重ねて表示します。ズームをしてもちゃんと同じように表示されます。GoogleMapsOverlayiOSを使えばこれまでと同じようなユーザビリティを再現できるのではないでしょうか。

GoogleMapsOverlayiOSはiOS用Objective-C製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

iOS6は多数の機能が追加され、Passbookなど新しい市場を開拓する可能性もある魅力あるOSなのですが、マップアプリの粗悪さで評価がマイナスになっているのが現状です。スマートフォンにおいてマップの起動はとても頻繁であり、それが現状のようなレベルであるのはあまりに問題があるでしょう。

Appleは今後改善を続けていくと表明していますが、地図自体はOpenStreetMapとあってコミュニティベースでしか進化しないはずです(Appleが多額を投じて地図を寄付してくれれば別ですが)。Googleマップの本家によるサービス、または別な地図プロバイダーを期待した所です。

mladjan/GoogleMapsOverlayiOS

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2