ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webcam SwiperはWebブラウザ上でWebカムの映像を解析し、ページ送りを行うライブラリです。

HTML5のgetUserMediaが一般化してきたことで、Webブラウザ上でWebカムを使って楽しむソフトウェアが増えてきました。今回紹介するWebcam Swiperもその一つ、マウスに触れずにページ送りを実現するソフトウェアです。


最初のアクセス時にWebカムへのアクセスが求められます。


許可すると通知が出ました。


分かりづらいですがデモです。マウスは動かしていません。

実際の認識率から言うとそれほど高くなかったりします。誤動作してしまうケースもありました。しかしWebブラウザだけで指を動かしてページ送りができてしまうというのは新しい体験で非常に面白いです。

Webcam SwiperはHTML5/JavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Webcam SwiperはWebカムの画面を見せる訳ではありません。バックグラウンドで解析し、一定の変化(今回で言えば右からまたは左から動く手の動き)を感知してページ送りのアクションを実行しています。まるでマウスアクションのように使えるでしょう。

解析技術が向上すれば指先を回したり、一定の動きによってアクションをしたりすることもできそうです。キーボードやマウスを使って行っていた処理がWebカムを通して指先でできるとすれば新しいWebのあり方につながるかも知れません。

Webcam Swiper

iambrandonn/WebcamSwiper

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2