ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TweetDiaryはTwitterライクにツイートし、そのデータをDropboxに保存するソフトウェアです。

Twitterを日記代わりにする人がいます。ツイートを重ねて、一日分をまとめてブログ記事にするようなイメージです。そんな感じでカジュアルに続けられそうなソフトウェアがTweetDiaryです。


トップページです。Dropboxに接続します。


接続しました。さっそく書いてみます。


とても簡単です。


ハッシュタグを使って後でフィルタリングもできます。


実際のテキストはDropbox上に保存されます。


こんな感じのテキストです。

TweetDiaryはデータは自分のDropbox上に保存されます。そしてTwitterさながらにツイートしていくだけでコンテンツがどんどん蓄積されていく仕組みです。あまり公開したくないような独り言や思いつきをその場でメモしていくのにも良いのではないでしょうか。

TweetDiaryはJavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

TweetDiaryはNimbusBaseというサービスのサンプルアプリになります。NimbusBaseはサーバレス、スケーラブルなバックエンドシステムをHTML5アプリ向けに提供するサービスになります。NimbusBaseがコントローラーを担い、実データはDropbox上に保存する仕組みになっています。

なかなか面白いサービスで、オフラインもサポートされています。オンラインになった後でデータはまとめてNimbusBaseに送られる仕組みです。もちろんデスクトップ、タブレット、スマートフォンでそれぞれ動作します。現在ベータユーザ募集中なので興味があればトライしてみてください。

Tweet Diary

NimbusBase - The backend for HTML5

winterlightning/tweetdiary at gh-pages · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2