ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MarkDown#EditorはWindowsで動作するプレビュー付きMarkdown専用エディタです。

個人的にはMarkdownがこの手の記法として一番良く使っています。もしWindowsユーザでMarkdownで文書を記述したいならばMarkDown#Editorを使ってみましょう。


メイン画面です。


保存するごとにプレビューが自動更新されます。


設定画面です。


CSSの設定もできます。


もちろんHTMLで保存もできます。


スクロールすると自動でプレビュー側もスクロールします。

最近のPCは幅が広いディスプレイが多いので、左右にわけても十分な執筆場所が得られるのではないでしょうか。常にプレビューを確認しながら書けば、記法のミスも減るでしょう。

MarkDown#EditorはWindows用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。


MOONGIFTはこう見る

Markdownの記述方法がベストという訳ではないでしょうが、普及すると強い力を持ちます。最終的に使われるフォーマットとしてはHTMLが多いですが、ライブラリによってはPDF出力をサポートするものもあります。仕様書などを記述するのにも最適です。

一旦書き方を覚えてしまえば、応用がきくのも統一された記法のメリットと言えます。それだけに会社や個人でこの記法と決めたら、とことんそれを使うのがいいでしょう。全て同じ記法で統一すれば、メンテナンス性も良くなるはずです。

HIBARA.ORG W | ソフトウェア | MarkDown#Editor

hibara/MarkDownSharpEditor

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2