ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Chrome simple HTTP ServerはGoogle ChromeをWebサーバ化してしまうGoogle Chrome機能拡張です。

Webの力は日々向上しています。今回はGoogle Chromeの隠された能力を引き出し、なんとWebサーバ化してしまうChrome simple HTTP Serverを紹介します。


インストールしました。


立ち上げました。


コンソールをみるとURLが表示されます。


そのURLにアクセスするとコンテンツが表示されます。


サーバ側のログはコンソールに表示されます。


ちゃんとGETアクセスされています。

これが使えるのはChrome canaryなどのver. 24以降になります。これはGoogle ChromeをWebサーバとして使うというよりも、機能拡張向けに提供されるものになります。Webブラウザと通信してしまうというアイディアに脱帽です。

Chrome simple HTTP ServerはJavaScript製、Google Chrome用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

HTML5の登場によって各Webブラウザの機能差はなくなっていくかと思われましたが、Webブラウザのシェア争いの結果なのか、さらに競争が激しくなっているように感じます。競争の結果は、機能差に出てきます。特に活発なのはGoogle ChromeとOperaです。

Firefoxは開発はもちろん継続していますが、Firefox OSやPersonaに代表されるような周辺技術の開発にも力を入れるようになっています。IE、Safariはそれほど開発が活発には見えません。IEのシェアが減る中、後一年くらいでどうシェアはかわってくるでしょうか。

KensakuKOMATSU/chrome-httpserver

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2