ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mayan CalendarはAndroidのマヤ暦カレンダーアプリです。

2012年末を騒がせた(勝手に騒いでいただけとも言えますが)マヤ暦の終わり。通常の年末と変わらず、マヤ暦においても新しい時代が幕開けして終わった訳ですが、そこでMayan Calendarを紹介したいと思います。


インストールします。


起動しました。まだ6日しか経っていないというのが新鮮です。


もはや0が多すぎてよく分かりません。

マヤ文明において13という数字に意味があるので13バクトゥン(1バクトゥンは144,000日)の節目に注目が集まったようです。次の時代になるまではまだまだ当分ありますが、異国の文明にAndroidアプリを通じて振れてみるのも面白いのではないでしょうか。

Mayan CalendarはAndroid用、Java製のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。


MOONGIFTはこう見る

マヤ文明の暦もそうですが、個人的には和時計が好みです。季節によって刻の長さが変わるようになっており、西洋時計以上の仕組みが必要になっています。上野の国立科学博物館にある和時計(名古屋の万博向けに制作されたもの)は天体観測機能があったりと相当複雑な作りになっています。

グレゴリオ暦は現在において一般的な暦になっていますが、和暦もまだまだ使われています。文化が違うと暦に対する考え方も異なります。絶対不変な時間に対する考えがそれぞれ違うというのはとても面白いのではないでしょうか。

maya-calendar-android - free Mayan Calendar for Android platform - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2