ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Dead Simple Screen SharingはGoogle Chrome機能拡張とnode.jsを組み合わせた画面共有ソフトウェアです。

画面共有を行うソフトウェア、サービスは幾つかありますがよりシンプルにWebブラウザの画面を共有できるのがDead Simple Screen Sharingです。


インストールします。


クリックするとURLが出ますので、これを共有します。


別なPCから見た場合。画像として表示されます。


しばらく待つと画面が更新されます。

Dead Simple Screen SharingはGoogle Chrome機能拡張で提供されており、Webブラウザウィンドウのスクリーンショットを随時node.js製のサーバに送信します。それを別なブラウザで受信する仕組みです。表示が重たいのが難点ですが独自サーバであれば幾分解決するかも知れません。

Dead Simple Screen SharingはGoogle Chrome用、JavaScript/node.js製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

画面共有を行うソフトウェアとしてはVNCを使ったものか、Microsoftの提供するRDPが知られています。画面が不要であればSSHで接続するのが最も手軽ですが、GUIの場合は画面共有のが便利なことも多いでしょう。

この手のソフトウェアの難点は予め準備を行う必要があることで、いざ画面共有をしたいと思ってからでは遅いケースが殆どなことです。必要になる前に準備するというのはいささか面倒ではありますが、ちょっと時間の空いた時にサーバ側だけでも準備しておくと良いでしょう。

Dead Simple Screen Sharing

Chrome Web Store - Dead Simple Screen Sharing

mlakkadshaw/DeadSimpleScreeSharing · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2