ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Street FacingはWebカムの顔認識によってGoogleストリートビューの表示方向を変化させるソフトウェアです。

Googleマップのストリートビューではまるで町中に実際にいるかのように旅することができます。旅先や引っ越し先などを探索した経験のある人も多いのではないでしょうか。そこでさらなるバーチャル体験を可能にしてくれるがのStreet Facingです。


読み込み中です。


開始しました。

Street FacingはWebカムを使って顔認識をし、その向いている方向によってストリートビューの表示を変更してくれます。今のところ移動はできませんが、視点の変化がさせられるようになっています。

Street FacingはGoogle Chrome用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

Webカムと言えば動画チャットのときの送受信に使う程度のものでしかなかったのですが、HTML5のgetUserMediaに対応したことで可能性が飛躍的に上がっています。まるでKinectのような利用法が考えられています。

ARマーカーの認識の他、顔認識、顔の方向検知、手や指の認識など生体認識においても活用が考えられています。もはや単なる映像受信ではなく、入力デバイスの一つとして考えるべきかも知れません。マウスジェスチャーに変わる存在にさえなれる可能性があります。

Street Facing

alexhancock/street-facing · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2