ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

metro-bootstrapはBoostrapをWindows8 Style UIに変更するデザインテーマです。

正直言ってWindows8はインストール以来全然使っていない筆者ですが、Windows8 Style UI(旧Metro UI)は好きです。あのすっきりとしたデザインはタブレットやWebでこそ活きるのではないかと思っています。そこで紹介したいのがmetro-bootstrapです。


タイポグラフィ。


引用やリストの表示。


コード表示もできます。


全体的に白く、塗りつぶしたようなデザインです。


各種テーブルの表示。


ボタンがWindows 8 Style UIです。


こちらはコンポーネント。


ドロップダウン系が薄いデザインになっています。


タブも何となくのっぺりした感じに。


ナビゲーションバー。すっきりとしたデザインで個人的には好きです。


パン屑リスト。


ラベル。


アラート系。

metro-bootstrapはその名の通り、Bootstrapをベースにしています。それだけにレスポンシブや様々なウィジェットなど多数の機能が利用できます。その上でUIがすっきりとしたWindows8 Styleであれば使い勝手が良いのではないでしょうか。

metro-bootstrapはスタイルシート製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Windows8アプリはHTMLで開発できます。それだけにmetro-bootstrapをベースにすると開発がスムーズに開始できるかも知れません(デフォルトでスタイルも用意されていますが)。Webエンジニアのこれまでの技術スタイルでアプリケーションを開発できるのは魅力的なはずなのですが、今ひとつ流行っていない感があります。

それはWindows8自体の普及率にもよるのでしょうが、そろそろビジネス向けを中心にシェアが拡大していくと予想されます。コンシューマ向けよりもビジネス向けアプリを開発してみる方が面白いかも知れません。

metro-bootstrap: Twitter Bootstrap with Metro style

TalksLab/metro-bootstrap · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2