ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

AdAwayはAndroid用の広告遮断アプリです。

先日GoogleがAndroidにおいて広告ブロックアプリを相次いで削除しました。理由はともあれGoogleが認めなければGoogle Playでは配信ができません。しかしAndroidには独自で配布するという道が残っています。そこで紹介したいのがAdAwayです。


Google Playから削除されたのでF-Droidからインストールします。


メイン画面(公式サイトより)。


最新のサービスリストをダウンロードします(公式サイトより)。


設定画面(公式サイトより)。

AdAwayはhostsファイルを書き換えることで広告配信サービスのURLを遮断して広告表示を行わないようにします。言われてみれば簡単なことですが、それをアプリによって自動化してしまった所が利点です。なお利用に際してroot化する必要があります。

AdAwayはAndroid用、GPL v3のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

広告ブロックアプリが排除された理由は他のサービスや製品に許可なく干渉しているためだそうです。しかしhostsの書き換えはAndroidのファイル変更であって、特にサービス間の通信に干渉している訳ではありません。それを言うのであればGoogle Chromeもマルウェア配布サイトへのアクセスを遮断することがあります。その結果、特定サイトへのアクセスがしばらくできなくなったという問題が先日発生しています。

Googleにとっての基準でアプリの動作が良い、悪いという評価がくだされるのはAppleと大差ないと言えます。マーケット保持者の勝手と言えるでしょう。その意味では自由とされるAndroidであってもGoogleのビジネス領域における影響を受けるということです。個人的にはこの問題は非常にがっかりさせられました。

ad-away - AdAway - Open source ad blocker for Android - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2