ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

webRTC CopyはWebRTCを使ってチャットやファイルの送受信ができるWebチャットシステムです。

WebRTCは主に動画チャットや音声通話など多少の劣化があっても許されるようなデータを授受するのに向いていますが、今回はWebRTCを用いたファイル共有であるwebRTC Copyを紹介します。


トップページです。最初に部屋を作ります。


次にニックネームを決めます。


部屋ができました。


他のユーザがファイルを送ってきています。


自動ダウンロードもできます。


チャットは日本語が使えます。

WebRTC CopyではWebRTC上にファイルデータを送受信します。データはサーバサイドにストアされる訳ではなく、元々受け取ったデータをWebブラウザ上に保存する仕組みになっているようです。まるでIMのような使い方ができるようになりそうです。

WebRTC Copyはnode.js/JavaScript製、Creative Commonsのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

WebRTCでは元々P2Pによるファイル共有も想定されています。データのロストが起きても大丈夫な仕様となっているので、データの厳密性を求める場合には向かないと思っていたのですが、データがロストした際にリトライできるようになっていれば大きな問題はないようです。

Webチャットでも同様の仕組みはできないことではないですが、サーバサイドを介さずにできるという点が利点であると言えます。クライアント同士の相互データ授受がうまくできれば、HTTPの現状の姿を打ち破るように仕組みさえできるかも知れません。

WebRTC Copy

erbbysam/webRTCCopy · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2