ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MailDropはScala製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

ユーザ登録時にメールアドレスを登録しなければならないもののスパムや業者のリストに使われるのが心配、といった意見はよくあります。そこで使ってみたいのが匿名メールアドレス作成サービスのMailDropです。


トップページです。まず任意のメールアカウント作成します。ただ文字を入れるだけです。


作成されました。このアドレス宛にメールを送ってみましょう。


メールが届きました。日本語も使えています。


本文を表示しました。こちらも日本語が問題なく表示できます。


メールの実データを表示させる事もできます。


添付ファイルの表示もできます。

MailDropで発行されるメールアドレスについてはパスワードはありません。そのためアカウント名さえ分かれば誰でもアクセスできます。私的なメッセージの送信には使えませんのでご注意ください。


MOONGIFTはこう見る

Gmailであればプラス記号を使ってエイリアスのメールアドレスが作成できるため、サービスごとにメールアドレスを変えておけばどこから漏れてスパムが来ているかと言った検証ができます(+以降を排除されてしまうとダメですが)。

一旦漏れたメールアドレスに対してはスパムが来ないようにするのはまず不可能でしょう。特に今後使う事もない捨てメールアドレスであればMailDropを使って生成してしまう方が良さそうです。何よりオープンソースなので自分でサーバを立てて独自ドメインで運用だってできるでしょう。

MailDrop

m242/maildrop · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2