ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CupertinoはRuby製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

iOSアプリの開発ではApple Dev Centerの利用が欠かせません。しかしWebブラウザから都度アクセスして操作するのが面倒に感じている人もいるのはないでしょうか。そこで使ってみたいのがCupertinoです。


インストールします。Rubygemsで簡単にインストールできます。


まず認証を通します。


デバイスの一覧を取得しました。


こちらはプロフィールの一覧。


プロビジョニングプロファイルは編集してその結果を反映させることができます。


アプリIDのリストです。

Cupertinoはデータの取得はもちろん、データの更新まで行う事ができます。デバイスを追加したり、証明書のダウンロードも行えます。簡易的なApple Dev Centerの操作であれば十分こなせそうです。


MOONGIFTはこう見る

Webアプリケーション全盛になり、Webブラウザを使って操作を行うのが当たり前になっていますが、効率的とは言いがたい場合もあります。開発者であれば特にコンソールから操作できる方が利便性が高いことも多いでしょう。

特に数多くの情報を一括で処理しなければならない時にWebブラウザから一つずつ入力するのはとても面倒です。そんな時にWeb APIがあれば良いのですが、なければCupertinoのようなツールを使って自動化を進めるのが良さそうです。

nomad/cupertino

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2