ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CanJSはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

大型のWebアプリケーションを構築しようと思ったら、まずはJavaScriptフレームワークを探しましょう。幾つもの候補が見つかると思いますが、今回はその一つCanJSを紹介します。


CanJSはMVCフレームワークになっており、Backbone.jsに似ています。こちらはモデル。


コントローラ。イベントを指定して、それを処理してビューに返す処理を行っています。


ルーティング。URLによってアクションを指定しています。


こちらはビュー。Mustacheが使われています。

CanJSの雰囲気としては、コントローラとビューがBackbone.jsよりも密に結合しているように感じます。特徴として、jQuery/Dojo/Mootools/YUI/Zeptoといった既存のライブラリと共存できること、テンプレートエンジンについても自分で選択できる点があります。


MOONGIFTはこう見る

JavaScriptのMVCフレームワークが数多く登場してきました。Railsのようにフルスタックで実装されるものもあれば、薄い層だけで構築されてテンプレートエンジンなどは自分で選択できるものもあります。

サーバサイドのエンジニアにとっても無関係ではありません。殆どのフレームワークではモデルの扱いをRESTfulにしています。その際にやり取りされるのはJSON/JSONPになります。サーバ側の開発においてRESTfulはスルーできない存在になっていると言えそうです。

CanJS

bitovi/canjs.com

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2