ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

wraithはRuby製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Webサイトがリニューアルしたりちょっと表示を変更したりした際にそれをチェックする術があると便利です。今回はBBCニュースが開発したwraithを紹介します。


インストールは一行のコマンドを実行するだけです。


設定を作成した後はrakeコマンドを実行するだけです。


指定したURLの画像保存が終わるとその差分をチェックします。


このようにちょっとだけ表示が違うのが分かります。


ブラウザベースで見た場合もちょっとだけ異なるようです。


こちらが取得したファイルの一覧。多様な画面幅に合わせて画像が取得されています。

wraithは二つのドメイン、複数のパスに対してその表示差分をチェックできます。異なる部分は青い色で表されます。基本的にはGoogleのような国際的サイトがターゲットになりそうです。画面幅は320〜1280pxまで数多くのサイズで取得されますのでレスポンシブなサイトの表示チェックにも使えそうです。


MOONGIFTはこう見る

Webサイトは今見ているものがいつまであるか分かりません。管理者側で削除してしまえばそれで終わりです。それを防ぐためにインターネットアーカイブがあったり、Web魚拓のようなサービスが存在します。

スクリーンショットを撮っておくだけでも時間の経過に伴う変化が追えて面白いです。これは他人のサイトに限らず、自分で管理しているサイトについても同様です。定期的に画像で保存しておくと後で振り返った時に面白いでしょう。

BBC-News/wraith

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2