ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

InkpadはiPad用のオープンソース・ソフトウェア(Mozilla Public License)です。

iOS 7に対応したアプリが色々と登場していますが、実際にどういったUIがiOS 7に適したものであるかというのはリリースされているアプリから学ぶのが一番と言えます。さらにそれがオープンソースであればコードまで見れてしまいます。今回はInkpadから学び取ってみましょう。


メイン画面です。既に様々な作品が登録されています。


作品の一例。これはドローとして描かれています。


レイヤーもサポート。


ペン。これもドローで描かれています。


数多いレイヤーに分かれています。表示/非表示の切り替えもできます。


アウトライン。線画だけになって分かりやすくなります。


ペンモードでタップすると要素が分かりやすいです。


フォントの切り替え。


エクスポート機能も充実しています。


リネーム時のスポットライト風表示。


新規作成時には図の大きさを選択します。


横向き表示。

Inkpadはメニューの背後が透けていて、iOS 7風になっています。機能としてはドローソフトウェアとして十分な機能を備えており、細かいイラストでも簡単に作成できるようになっています。これだけのソフトウェアが無料(App Store)、かつオープンソースというのが信じられません。

iOS 7になってUIはもちろんのこと、操作性についても大幅に変更されています。そのためiOS 7に最適化するというのはフラット風にすれば良いというだけでなく、UI/UXを含めて全体を考え直すということです。

今後iOS 7を持った人たちはどんどん増えていくでしょう。そんな時に従来通りのUIのアプリか、新しいUIをもった最適化されたアプリのどちらを選ぶでしょう。iOSアプリ開発者にとっては大変なことですが、また新しいチャンスが来たと見ることもできそうですね。

Inkpad for iPad on the iTunes App Store

sprang/Inkpad

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2