ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近はHTMLをオーサリングツールではなくタグを手入力して構築することのが多くなっています。デザインフレームワークも数多く登場し、そういったフレームワークを使う上でも手でタグを打ってしまった方が早いケースもあるでしょう。

そこで今回は新参のタグエディター、Hyroを紹介します。2ペイン構成で左側にタグ、右側がリアルタイムのプレビューになっているのが特徴です。

起動しました。
起動しました。

入力した内容はリアルタイムに反映されます。
入力した内容はリアルタイムに反映されます。

カラー変更機能。これはヘッダー部だけが変更できます。
カラー変更機能。これはヘッダー部だけが変更できます。

こんな感じに!
こんな感じに!

タブ機能があるので複数ファイルを開けます。
タブ機能があるので複数ファイルを開けます。

エラー画面より。nodeを使って動いているのが分かります。
エラー画面より。nodeを使って動いているのが分かります。

あまり大きなファイルの操作はまだ得意ではない模様。
あまり大きなファイルの操作はまだ得意ではない模様。

正直まだまだこれからといった感じのエディタではありますが、2ペインでリアルタイムプレビューという点は最近のMarkdownエディタっぽくて好感が持てます。nodeアプリケーションをラッピングしてマルチプラットフォーム対応させている点も技術的に興味深いです。

今後、UIライブラリやフレームワークが広がっていくのにつれてオーサリングツールが必要とされないケースはさらに増えていくと思われます。Hyroはその一つの選択肢として注目に値するのではないでしょうか。

Hyroはnode/JavaScript製、Windows/Mac OSX/Linux用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Hyro

jawerty/Hyro

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2