ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CMSというと最近ではWordPressが有名ですが、各プログラミング言語、各フレームワークごとに分かれてソフトウェアが存在します。それぞれ用途や環境に合わせて選択すべきです。

もしあなたがRuby on Railsを得意としているならば知っておきたいのがSkylineです。RailsをベースにしたCMSなのでカスタマイズも容易そうです。

まずはユーザ向けの画面から見ていきます。

3ペインの見やすい画面ではないかと思います。
3ペインの見やすい画面ではないかと思います。

動画の埋め込みもできます。左側にメニューが出ているのが特徴的ですね。
動画の埋め込みもできます。左側にメニューが出ているのが特徴的ですね。

ニュース。記事の一覧ページです。
ニュース。記事の一覧ページです。

コマース機能もあります。
コマース機能もあります。

続いて管理画面を見てみます。

まずはログインです。
まずはログインです。

Skylineの特徴として、管理画面がツリー構造で管理されているというのがあります。中央にあるWYSIWYGエディタを使ってコンテンツを編集できます。

こちらはページ。
こちらはページ。

別なページではテンプレートが変わります。
別なページではテンプレートが変わります。

プレビューもできます。
プレビューもできます。

コレクション管理として商品情報やカレンダーのイベントが管理できます。
コレクション管理として商品情報やカレンダーのイベントが管理できます。

メディア管理。こちらも階層です。
メディア管理。こちらも階層です。

管理者設定画面です。
管理者設定画面です。

Skylineはどのカテゴリ、どのページでもツリー構造の中で管理しているので汎用的な仕組みを使っているのが分かります。ニーズに合わせて柔軟に表示を変更できそうです。

さらにフレームワークにRailsに採用していますので独自の機能を実装するのもさほど難しくないと思われます。WordPressのようにプラグインを開発するのとはまた違う活用法が見えてきそうです。

SkylineはRuby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェア(LGPL)です。

Skyline CMS - The new Ruby on Rails open source standard in content management

Skyline

DigitPaint/skyline

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2