ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webブラウジングをしていて後で見たいと思うことが多々あります。そんな情報の一時保存先は幾つかの選択肢があります。一つはブックマークで、オンライン、オフラインの両方があります。

しかし筆者もそうですが、ブックマークにどういった情報を入れるかを限定している場合はそう単純ではありません。一時的なブックマークがあるといいなと思うケースがあります。

同じような悩みを感じていて、使っているブラウザがSafariならば使ってみたいのがTabs for Laterです。Safariのブラウザ内部で使える後で読むための保存先になります。

safariextzファイルをドロップしてインストールします。
safariextzファイルをドロップしてインストールします。

インストールするとLボタンがツールバーに追加されます。

後は任意のサイトでボタンを押すと、グループを指定するツールチップが表示されます。適当なグループを付ければ保存完了です。
後は任意のサイトでボタンを押すと、グループを指定するツールチップが表示されます。適当なグループを付ければ保存完了です。

保存しました。
保存しました。

後はLボタンを押すと保存しているWebサイトが確認、表示できます。とても手軽です。削除はグループ単位でまとめて行います。

保存したサイト一覧。
保存したサイト一覧。

個人的にはグループ分けもいらないんじゃないかと思いますが、ちょっとしたメモとして使っても良いかも知れませんね。Safariをお使いの方は試してみてください。

Tabs for LaterはSafari用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

htinlinn/tabs-for-later

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2