ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

部署やチームで使いたいパスワード管理ですね。

パスワードは間違っても平文で保存したり、安易なものを設定するべきではありません。それは個人でも企業内であっても変わりません。特に複数人でパスワードを共有する場合は注意が必要です。

平文のままWikiなどに記載してしまうのは良くありません。そこで使ってみたいのが専用のグループ間で使えるパスワード管理ソフトウェアです。今回はその一つ、TeamPassを紹介します。

まずはインストールから。ウィザードに沿って行います。

mcryptが必要な以外は大きな問題はないと思います。
mcryptが必要な以外は大きな問題はないと思います。

最初はメンテナンスモードでログインします。
最初はメンテナンスモードでログインします。

ログインしました。これはダッシュボードです。
ログインしました。これはダッシュボードです。

フォルダを作ります。パスワード設定レベル等を決められます。
フォルダを作ります。パスワード設定レベル等を決められます。

日本語化もされていました。

設定で変更できます。
設定で変更できます。

設定画面。
設定画面。

パスワード追加画面。
パスワード追加画面。

もちろんパスワードジェネレータもあります。
もちろんパスワードジェネレータもあります。

こちらはパスワード一覧。ボタン一つでパスワードをコピーできます。この場合は実際のパスワードを見る必要はありません。
こちらはパスワード一覧。ボタン一つでパスワードをコピーできます。この場合は実際のパスワードを見る必要はありません。

TeamPassはフォルダごとにアクセス権限が設定できたり、ビジネスレベルで使うのに十分な機能が備わっています。パスワードのコピー機能などを使えば普段の運用はとてもシンプルになりそうです。

セキュリティには十分に気を配っているように見えます。サポートしているブラウザもIE、Firefox、Opera、Safari、Google Chromeと幅広くなっています。

TeamPassはPHP製、GNU Affero General Public Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

TeamPass | A Collaborative Passwords Manager

nilsteampassnet/TeamPass

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2