ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

音声の録音は途中からやり直しが効かないので、こういうソフトウェアは便利かも知れませんよ。

ISSEのコンセプトは音声におけるPhotoshopになることです。非常に面白いコンセプトです。といっても全ての音声編集ができるようになる訳ではなく、音声ファイルの切り分けに特化したツールとなっています。

簡単にいうと音楽ファイルでボーカルの部分だけを消したり、一部の音域だけ取り出すと言った操作を手軽にしようというソフトウェアになります。写真で言えばメインの人物だけを取り出して、別な背景にしてしまうといった操作になります。

使い方

ISSEはWindows/Mac OSX/Linuxとマルチプラットフォームに対応しています。それぞれダウンロードしてインストールしましょう。

メイン画面です。まずは音声ファイルを開きます。
メイン画面です。まずは音声ファイルを開きます。

例えばこんな感じです。ノイズが乗った音声ファイルだと思いましょう。
例えばこんな感じです。ノイズが乗った音声ファイルだと思いましょう。

取り出す部分を指定したりしてソース1とソース2に分けました。これでそれぞれの音声を取り出せるようになります。
取り出す部分を指定したりしてソース1とソース2に分けました。これでそれぞれの音声を取り出せるようになります。


実際に試しているデモが下記動画になります。

見事に余計な音が消えているのが分かるかと思います。その他のデモはISSEのサイトで確認できます。元々のリミックスされた音声ファイルをスプリットして取り出しているのが分かるかと思います。

音楽ファイルからのカラオケモードファイルの作成や、不要な環境音の除去に使えるでしょう。場合によっては犯人からの電話から遮断機の閉まる音だけを取り出したい、なんてメガネをかけた小学生から頼まれる…ことはないと思いますが万一のために覚えておくと良いかも知れませんよ。

ISSEはWindows/Mac OSX/Linux用のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。

ISSE : An Interactive Source Separation Editor

ISSE | Free Audio & Video software downloads at SourceForge.net

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2