ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SVGといえばWeb上でベクターベースの描画を可能にしますが、その使い方はまだまだ模索中と言ったところでしょう。画像の代替として使おうと思ってもサポートされているブラウザやその対応負荷が大きくなかなか取り組めないと思います。

そこで一案として面白そうなのがWeb上で実際にドロー自体させてしまうというものです。そんなソフトウェアがSVG Floorplan Editor、フロアエディタです。

SVG Floorplan Editorの使い方

メイン画面。見ての通り左側にツール、右側にドローした内容が表示されます。
メイン画面。見ての通り左側にツール、右側にドローした内容が表示されます。

Chromeでは壁の追加はできますがドアはうまくいきませんでした。
Chromeでは壁の追加はできますがドアはうまくいきませんでした。

Firefoxではドアの追加やレイヤーによる表示、非表示の指定もできます。
Firefoxではドアの追加やレイヤーによる表示、非表示の指定もできます。

文字の編集ができなかったり、ドアの回転もサポートされていませんのでまだまだ実用レベルとはいいがたいでしょう。しかしこれまでFlashで行っていたようなドロー機能もSVGを使えばスマートフォンやタブレットでもできるようになりそうです。SVGの可能性を感じさせるソフトウェアです。

SVG Floorplan EditorはPHP製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

oodavid/SVG-Floorplan-Editor

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2