ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

各種フレームワーク向けにCMSは存在すると思いますが、DjangoはプラグインとしてのCMSはあっても単体としてCMSを提供するシステムがあまり多くない印象があります。自作のDjangoアプリケーションにCMS機能を追加する場合はそれで問題ありませんが、逆にCMSをベースに拡張したいと思う時には不便です。

今回はそんな中登場したDjango製CMS、Wagtail CMSを紹介します。デザイン性に優れた格好いいCMSです。

Wagtail CMSのインストール

今回はWagtailのデモ版を試してみます。Vargrantで配布されていますのでセットアップの手間いらずです。

git clone https://github.com/torchbox/wagtaildemo.git
cd wagtaildemo
vagrant up
vagrant ssh
# SSHで接続後、
./manage.py createsuperuser
./manage.py runserver 0.0.0.0:8000

これで準備は完了です。後は http://localhost:8111/ がユーザ画面、 http://localhost:8111/admin が管理画面になります。

Wagtail CMSの使い方

まずはユーザ向けの画面から見ていきます。

トップページ。大きな写真が印象的です。
トップページ。大きな写真が印象的です。

一覧画面。サムネイルが並んでいます。
一覧画面。サムネイルが並んでいます。

詳細画面。Bootstrapベースで見やすい画面です。
詳細画面。Bootstrapベースで見やすい画面です。

続いて管理画面です。

ログイン。この表示もなかなか印象的ですね。
ログイン。この表示もなかなか印象的ですね。

ダッシュボード。左にメニュー、右側が大きくコンテンツになっていて分かりやすいです。
ダッシュボード。左にメニュー、右側が大きくコンテンツになっていて分かりやすいです。

ページ一覧。フラットなUIでシンプルな構成になっています。
ページ一覧。フラットなUIでシンプルな構成になっています。

メディア管理。こちらも分かりやすいと思います。
メディア管理。こちらも分かりやすいと思います。

スニペット。ちょっとした文言を管理するのに便利です。
スニペット。ちょっとした文言を管理するのに便利です。

Wagtail CMSの特徴は美しいUI、軽量で高速、開発はアジャイルに行われているとのことです。さらに純粋なDjangoアプリケーションであり、Djangoが動作する環境であればポータブルに移動させても問題ないとのことです。

Wagtail CMSはDjango/Python性のオープンソース・ソフトウェア(BSD License)です。

Wagtail CMS: a fresh take on content management

torchbox/wagtaildemo

torchbox/wagtail

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2