ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今回はGoogle Drive/ドキュメントです。正直この名称がどう扱っていいのか分かりませんが、Googleドキュメント/スプレッドシート周りを使う利点、関連オープンソース・ソフトウェアを紹介します。

最近サードパーティ製のGoogleドキュメント/スプレッドシートアドオンが提供されることになったのもあって、にわかに熱くなってきていますよ。

利点

Google Apps Script

MS Officeで言えばVBAと同じようにGoogle Apps Scriptによってドキュメント、スプレッドシートなどを自動操作する事ができます。複雑なことをしようとするとハマるという話もありますが、ちょっとした操作であれば便利です。

また言語がJavaScriptなのでVBAに比べるとスパゲティにならないように思います。

Googleの他のサービスとの連携

スプレッドシート内からGoogle Analyticsにアクセスしてデータを取り出したり、Google Apps ScriptからGmailでメール送信もできます。メールの宛先、可変部をスプレッドシートに持たせて、一括メール送信なんて処理もできます。

オフラインでも編集可能

Webアプリケーションの難点でもあるオフラインでの利用もサポートされています。この点は相当アドバンテージになっているのではないでしょうか。

Web API

MS Officeのファイルを操作しようと思うとOLEを使わないといけませんでしたが、Google Driveの場合はWeb APIが用意されている事で操作がとても簡単というメリットがあります。内部で処理した結果をGoogleスプレッドシートに記述したり、ファイルとしてポストする事も可能です。

コラボレーション

Webアプリケーションの利点とも言えるのがコラボレーションです。とは言いつつ個人的にはあまり利用したことがないのですが…シェアだけでも便利ですが、同時編集となるとチャットで突っ込みをいれたりしつつ皆で一気にファイルを仕上げられるのが利点でしょう。

以下はプレミアムのみです。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2