ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Dropboxは空気のように何もしていないかのようにさえ感じてしまう便利な存在です。一度使い始めると何でもDropboxに放り込んでおきたくなります。しかしデスクトップやスマートフォンからの利用だけで良いのでしょうか。

そこで紹介したいのがDownload to Dropboxです。Google Chrome機能拡張として動作し、Webブラウジング中に任意のファイルをDropboxに放り込んでくれます。

Download to Dropboxの使い方

まずはGoogle Chrome機能拡張をインストールします。
まずはGoogle Chrome機能拡張をインストールします。

インストールが終わるとDropboxとの接続設定を行います。こちらは完了画面です。
インストールが終わるとDropboxとの接続設定を行います。こちらは完了画面です。

後は好きなサイトで右クリックしてUpload to Dropboxを選びます。
後は好きなサイトで右クリックしてUpload to Dropboxを選びます。

ダウンロードではなく、アップロードとなっているのがクラウド的で良いですね。

リストでアップロードファイルを確認できます。
リストでアップロードファイルを確認できます。

実際に試したところでは画像を選んでもHTMLがアップロードされてしまうことがありました。リンク先をDropboxに送ると言った感じの使い方になるようです。

右クリックで保存や、ソーシャルサービスへ送ると言った機能拡張もありますが、それとはまた違った使い勝手で使えそうです。

Download to DropboxはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Chrome ウェブストア - Download to Dropbox

pwnall/dropship-chrome

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2