ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

これは便利!

ちょっとしたコードをアップするのに便利なのがGistです。しかし手元にプログラムファイルがあるのに、それをコピー&ペーストして保存するのは面倒なものです。そこで使ってみたいのがGistup、ターミナルからGistにコードをアップロードできるツールです。

Gistupのインストール

インストールはnpmを使って簡単にできます。

$ npm install -g gistup

Gistupの使い方

最初にGitHubとの接続を行います。

$ gistup

を実行すると、認証画面を開くように言われます。

トークンを取得します。
トークンを取得します。

設定が終わると、後は gistup コマンドを使えばカレントディレクトリにあるファイルが全てGistにアップロードされます。

アップロードした例です。
アップロードした例です。

一度アップロードすると、カレントディレクトリがGitリポジトリになります。後はファイルを編集したらgit push origin masterすれば更新できるようになります。

$ gistup --private -- index.html

こんな感じに実行すれば特定のファイルだけをアップロードできたり、プライベート指定でアップロードできます。

そうなのかなぁとは思っていたのですが、GistもGitリポジトリとして管理ができるのですね。これでちょっとしたファイルの管理にGistを使うのが便利になりそうです。

Gistupはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(BSD License)です。

mbostock/gistup

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2