ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Spritzというリーディング技術があります。いわゆる速読なのですが、視線を動かさずに文字を表示させていく事で眼球を動かさずに文字を理解していくというものです。日本語ではなく、英語圏で使われているようです。

そんなSpritzをWebページで体感できるブックマークレットがOpenSpritzです。

OpenSpritzの使い方

利用は簡単で、英語のWebページでブックマークレットを実行するだけです。そうすると上からOpenSpritzの枠が出てきます。

上に出ているのがOpenSpritzの枠です。WPMを選択します。1分あたりの文字数、Word per minuteを選択します。
上に出ているのがOpenSpritzの枠です。WPMを選択します。1分あたりの文字数、Word per minuteを選択します。

600WPMの場合。赤い部分が常に画面中央になっており、単語単位で出てくれるので意外と理解しやすいです。これは面白いテクニック。
600WPMの場合。赤い部分が常に画面中央になっており、単語単位で出てくれるので意外と理解しやすいです。これは面白いテクニック。

公式サイトからのデモが以下になります。

速いけど理解できないことはないですよね。
速いけど理解できないことはないですよね。

読むというよりも文字が直接脳に入ってくるのでそれを理解するといった感じに近いかも知れません。会話に近いというか、一語一句違わず理解するのではなく、雰囲気として把握するイメージです。

英語ページで使ってみるとその効果が分かるのではないでしょうか。

OpenSpritzはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Miserlou/OpenSpritz

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2