ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ソーシャルサービス全盛の今、各サービスは独自のボタンを配布しています。Twitter/Facebook/Google+/Githubなどそれぞれのサービスがボタンを埋め込めるようにしていますが、個人的にどうもデザインが好きではありません。かつレンダリングに時間がかかって重たいです。

さらに言えばモバイル、PCで最適化はされていてもレスポンシブな訳でもありません。ということでレスポンシブWebデザインを採用しているサイトにはRidiculously Responsive Social Sharing Buttonsをお勧めします。

Ridiculously Responsive Social Sharing Buttonsの使い方

実際に配置してみた感じでは以下のようになります。

対応しているサービスはメール、Facebook、LinkedIn、Twitter、Google+、PinterestそしてGitHubです。コメントアウトされていますがTumblrも対応しているようです。
対応しているサービスはメール、Facebook、LinkedIn、Twitter、Google+、PinterestそしてGitHubです。コメントアウトされていますがTumblrも対応しているようです。

そいてブラウザウィンドウの幅を縮めていきます。

GitHub、Pinterestの文字が消えてアイコンだけになっています。
GitHub、Pinterestの文字が消えてアイコンだけになっています。

右側のサービスから順番にアイコンだけになっていきます。
右側のサービスから順番にアイコンだけになっていきます。

一番縮めた状態で全てのサービスがアイコンだけになりました。
一番縮めた状態で全てのサービスがアイコンだけになりました。

各サービスのシェア数はJavaScriptなりで取得する方法がありますので、Ridiculously Responsive Social Sharing Buttonsを使えばレスポンシブに対応したシェアボタンが簡単に設置できるようになります。デザインの自由度もあがるでしょう。

Ridiculously Responsive Social Sharing ButtonsはCSS3製のソフトウェア(ライセンスは独自)です。

Ridiculously Responsive Social Sharing Buttons by KNI Labs

kni-labs/rrssb

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2