ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

セキュアに社内で運用したいといった時に良さそうですね。

日本で特に人気の高いノート、ファイル共有サービスのEvernote。しかしデータをクラウドに預けるのが何となく不安で、自前で立てられれば良いのにと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな方に使ってみて欲しいソフトウェアがTurtlです。専用クライアント、Google Chrome機能拡張も備えたファイル/ノート共有サービスです。

Turtlの使い方

TurtlはWindows/Mac OSX用のデスクトップクライアントがあります。今回はMac OSX版を使っています。

最初にログインまたはユーザ登録を行います。
最初にログインまたはユーザ登録を行います。

次にボードを作ります。このボード単位に他のユーザとシェアできる仕組みです。
次にボードを作ります。このボード単位に他のユーザとシェアできる仕組みです。

ボードを作りました。さっそくノートを追加します。
ボードを作りました。さっそくノートを追加します。

追加画面。ノートの記法はMarkdownになります。
追加画面。ノートの記法はMarkdownになります。

追加しました。
追加しました。

詳細表示はモーダルです。
詳細表示はモーダルです。

写真はサムネイルが自動で表示されます。
写真はサムネイルが自動で表示されます。

他のユーザをボードに誘うことが出来ます。
他のユーザをボードに誘うことが出来ます。

そしてGoogle Chromeで使える機能拡張があります。

機能拡張のメニュー。今見ているページを送れます。
機能拡張のメニュー。今見ているページを送れます。

送るとクライアント側にも自動で反映されます。
送るとクライアント側にも自動で反映されます。

Evernoteほど高機能ではありませんが、サーバを中心にクライアントソフトウェアが存在し、ノートを検索したりファイルを保存できる仕組みがあれば最低限のニーズは満たしているのではないでしょうか。なおTurtlのデータは暗号化された上で保存される仕組みです。

TurtlはWindows/Mac OSX用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

Turtl: Secure file and note syncing | Turtl

Turtl

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2