ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

非公開なものを使っていますので利用はあくまでも自己責任で。

Twitterが提供する6秒の動画サービスと言えばvinoです。日本でも何人か有名な動画配信者が現れており、盛り上がりを見せています。そんなVineのデータを使いたいと思った方はvinoを試してみてはいかがでしょうか。

Vineでは公開されていないAPIを使ってデータの取得を行っています。非公開ということは突然変更される可能性もありますし、規約違反の可能性もあるのであくまで自己責任の上、ご利用ください。

vineのインストール

npmにはなっていないので次のようにしてインストールします。

$ git clone git@github.com:tlack/vino.git
$ cd vino
$ npm install

これで準備は完了です。

vinoの使い方

例えば次のようなコードを書きます。

var vino = require('./vino');
client = new vino({username: 'Your email', password: 'Your password'});
client.login(function(err, key, username) {
    if (err) throw new Error(err);
    console.log('successfully logged in, key and username: ', key, username);

    client.homeFeed(function(err, feed) {
        if (err) throw new Error(err);
        // console.log('your timeline', feed);
        for (var i in feed.records) {
            var entry = feed.records[i];
            console.log(entry.description, entry.videoUrl);
        }
    });
});

これを実行すると、JSONが取得できます。

取得されたJSONです。動画のURLや説明などが一覧になって返ってきます。
取得されたJSONです。動画のURLや説明などが一覧になって返ってきます。

非公開なWeb APIである以上、仕様は突然変更される可能性がありますが、iOSアプリのネットワークをトラックして判明したものとあって、おいそれとは変更できないと思われます。自分がフォローしている人の動画をダウンロードしたりするのに使えそうです。

vinoはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

tlack/vino

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2