ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

HTMLのコーディングから表示確認までが速くなりますよ!

Webアプリケーションの開発は修正して確認するのがとても簡単な点にあります。ブラウザをリロードするだけで済んでしまう訳ですが、ついにはそれすらも億劫になることがあります。修正したら自動でリロードしてくれれば良いのに、と思ったことが多いでしょう。

各ブラウザ向けに機能拡張もありますが、Google Chrome/Safari/Operaなど多彩なブラウザに対応したソフトウェアがWatchReload.appです。

WatchReload.appの使い方

WatchReload.appはとてもシンプルで、起動するとメニューバーに常駐します。そしてStart Watchingを選ぶとディレクトリ選択のダイアログが出ます。そこで監視したいディレクトリを選択します。

メニュー。こちらはウォッチング中。
メニュー。こちらはウォッチング中。

監視がはじまったらディレクトリ以下にあるファイルを編集すると自動でリロードがかかるようになります。file:/// で開いているファイルがターゲットになるのでPHPなどのWebシステムでは利用できないと思われます。

Google Chrome/Safari/Operaと一括でリロードされるので多数のブラウザでの表示確認が楽になりそうですね。また、Chromeではデスクトップ幅、Safariではスマートフォン幅といった感じで複数の表示分け確認にも良さそうです。

WatchReload.appはMac OSX用のソフトウェアです。

WatchReload.app - ウェブ開発者向けブラウザ自動リロード

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2