ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

新しいWebサイトを作ると何となくGoogle Analyticsを選んでしまっています。しかし他にも選択肢はありますし、データを外部に出せない場合(イントラなど)もあります。そういった場合、どのようにアクセス解析を行えば良いでしょうか。

もし使っているフレームワークがRuby on RailsであればAhoyを使ってみると良いかもしれません。Railsのモデルに組み込めるアクセス解析機能を提供します。

Ahoyのインストール

まずはGemfileに記述します。

gem 'ahoy_matey'

インストールと初期設定を行います。

$ bundle install
$ rails generate ahoy:install
$ rake db:migrate

後は app/assets/javascripts/application.js に記述を行います。

//= require jquery
//= require ahoy

これで準備は完了です。後は自由にWebサイトにアクセスします。

Ahoyの使い方

例えば以下のような感じで数値が出せます。

Visit.group(:search_keyword).count
Visit.group(:country).count
Visit.group(:referring_domain).count

つまりVisitというモデルに全てのアクセスが入るようです。また、visitable という記述で関連付けができます。

class Order < ActiveRecord::Base
  visitable
end

ユーザ情報に結びつけることも可能です。

class User < ActiveRecord::Base
  has_many :visits
end
user = User.first
user.visits

開発者としてはGoogle Analyticsのようなアクセス解析を勧めているようですが、導入できないと言ったケースもあるでしょう。そんな時の代替手段として知っておくと便利そうです。

AhoyはRuby on Rails用、Ruby製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Ahoy - Simple, Powerful Visit Tracking for Rails

ankane/ahoy

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2