ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WWDC 2014が発表されました。今年はどんな面白い話題が出てくるでしょう、今からわくわくしている人も多いはずです。そんなWWDC 2014のページにはカラフルなタイルが並んだ中にAppleマークが浮かぶデザインがされています。

そのデザインを真似し、さらにアニメーションまで行ってしまうのがAnimated WWDC 2014 Logoです。

Animated WWDC 2014 Logoの使い方

Animated WWDC 2014 Logoでは複数のアニメーションが楽しめるようになっています。

Appleマーク。アニメーションが格好いいです。
Appleマーク。アニメーションが格好いいです。

鳥。羽ばたくアニメーションです。
鳥。羽ばたくアニメーションです。

スター。3つの星が飛んでいきます。
スター。3つの星が飛んでいきます。

WWDCロゴ。
WWDCロゴ。

アニメーションなので動画を見た方が分かりやすいかと思います。

WWDCで何か発表されると、それを既存のライブラリや環境で再現しようとする試みが必ず行われますが(iOS 7風UIのWebデザインなど)、まさかロゴの時点から再現する人が現れようとはびっくりです。しかもアニメーションしていて、本家に取り入れて欲しいくらいです。

Animated WWDC 2014 LogoはClojureScriptで作られていますので、その点においても参考になるところがありそうです。

Animated WWDC 2014 LogoはClojureScript製、Eclipse Public Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Animated WWDC 14 in ClojureScript

terhechte/cljs-animated-wwdc2014

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2