ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

実用性はもちろん、Google Apps Scriptとしても参考になるんじゃないかと。

これまで書き溜めたGoogleドキュメントからMarkdownフォーマットに文書管理を移動する、なんて言われたらどうしたら良いでしょう。WYSIWYGな書き心地とMarkdownの記法は全く違います。すべて書き直し、または捨て去る選択肢しかないのでしょうか。

そこで使ってみたいのがgdocs2mdです。GoogleドキュメントをMarkdownフォーマットに変換してメール送信してくれるソフトウェアです。

gdocs2mdのインストール

相変わらずインストーラーがある訳ではないので手作業でインストールします。

新規文書を開いて、ツールメニューのスクリプトエディタを選びます。
新規文書を開いて、ツールメニューのスクリプトエディタを選びます。

開いたスクリプトに内容を全て貼付けます。
開いたスクリプトに内容を全て貼付けます。

貼付ける内容はこちらです。全て上書きします。

そうするとConvertToMarkdownという関数が追加されますので、それを実行します。

最初はOAuth2の認証が求められます。
最初はOAuth2の認証が求められます。

実行するとこんな感じで元ドキュメントとMarkdownファイル、ファイルについていた画像ファイルが添付されてきます。日本語も特に問題ありません。
実行するとこんな感じで元ドキュメントとMarkdownファイル、ファイルについていた画像ファイルが添付されてきます。日本語も特に問題ありません。

Markdownへの変換はもちろんのこと、Google Documentでファイル添付をしてメール送信を行うスクリプトとしての参考になる点が多そうです。Google Apps Scriptは注目を集め始めているのでぜひその実装サンプルとしてチェックしてみてください。

gdocs2mdはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。

mangini/gdocs2md

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2