ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトの基本と言えばCMSです。最近では何でもWordPressで行ってしまおうと考える風潮もありますが、やはりサイトの特性によって合ったものを選択すべきでしょう。特に何かあった時に内部を探る必要がある場合、既に見知ったフレームワークを使っているかどうかは重要です。

今回はPHP製のCMS、RedKite CMSを紹介します。フレームワークにSymfony2、デザインにBootstrapを採用し、カスタマイズ性も保持されたCMSになっています。

RedKite CMSの使い方

RedKite CMSの特徴の一つにWYSIWYGがあります。ユーザの見ている画面そのままに修正を行える機能です。

ログインします。
ログインします。

こちらが編集画面。ユーザが見ている画面そのままが出ます。
こちらが編集画面。ユーザが見ている画面そのままが出ます。

選択すると詳細を編集できるようになります。
選択すると詳細を編集できるようになります。

ファイルブラウザ。アップロードもできます。
ファイルブラウザ。アップロードもできます。

テキストの編集はツールバーが表示されます。
テキストの編集はツールバーが表示されます。

ブロックを追加する場合はその種類を選択します。
ブロックを追加する場合はその種類を選択します。

左側に出ているアイコンをクリックするとメニューが表示されます。

テーママネージャ。サイトのデザインを一新する際に使えます。
テーママネージャ。サイトのデザインを一新する際に使えます。

テンプレートを変更しました。一気にイメージが変わりますね。
テンプレートを変更しました。一気にイメージが変わりますね。

ユーザ管理。
ユーザ管理。

ページ管理。
ページ管理。

SEOやサイトマップにも対応しています。
SEOやサイトマップにも対応しています。

以下は紹介動画です。

RedKite CMSはもちろん機能拡張にも対応しており、多言語対応もされているなど規模の大きなWebサイトの構築にも向いていそうです。デザインの変更もBootstrapの作法に則って行えばプログラマーでもちょっとした修正に対応できそうです。

RedKite CMSはPHP製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

RedKite Open Source CMS built on top of Symfony2 and Twitter Bootstrap Frameworks

redkite-labs/RedKiteCmsBundle

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2