ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近のブラウザはタブに対応しているものばかりです。リンク先を新しいタブで開いていると、ふと気がつくと大量のタブを開いてしまっていてブラウザのパフォーマンスが落ちているなんてことが多々あります。

そんな方にお勧めしたいGoogle Chrome機能拡張がxTabです。1ウィンドウにおける開けるタブの数を制限してくれるので、動作を安定させてくれるはずです。

xTabの使い方

まずはインストールします。Chrome ウェブストアで公開されています。
まずはインストールします。Chrome ウェブストアで公開されています。

設定です。最大数と、それを越えた場合に閉じるタブの優先順位を決めます。
設定です。最大数と、それを越えた場合に閉じるタブの優先順位を決めます。

大量のタブを開けますが、開いた後別なタブが自動的に閉じるようになります。
大量のタブを開けますが、開いた後別なタブが自動的に閉じるようになります。

優先順位の付け方としては、単純に古いものから、アクセスしていないものからなどとなっています。使っていないタブは閉じる、そんな基本に則った機能拡張になります。実際、開きっぱなしでいつかアクセスするだろうくらいの気持ちで放置してしまっているタブも多いのでマックス20個くらいにしておくのが良さそうです。

xTabはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Chrome ウェブストア - xTab

ccampbell/xtab

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2