ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Googleが公開しているChrome Experimentsではウィンドウを幾つも並べてそのウィンドウの中をボールが行き交ったりするデモがあります。

ウィンドウ間で情報を伝達する仕組みは幾つかあると思いますが、その一つとしてIntercomを紹介します。軽量で容易にメッセージの送受信ができるようになります。

Intercomの使い方

片方のタブからメッセージを入力します。
片方のタブからメッセージを入力します。

もう片方のタブで受け取れます。複数のウィンドウに対してブロードキャストできます。
もう片方のタブで受け取れます。複数のウィンドウに対してブロードキャストできます。

技術的にはSocket.ioとHTML5のlocalStrageを使っているようです。使い方も簡単で、

intercom.bind(socket, {
    send: function(name, message) {
        return message.socket;
    },
    receive: function(name, message) {
        return message.broadcast;
    }
});

のようにして送信と受信ができます。後はボールなりの位置を常に共有しておいたり、別なウィンドウに移動する際にメッセージを送ることで次のイベントを行うようにすればいいでしょう。チャットや複数タブ間での情報伝達においても活躍しそうです。

IntercomはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。

diy/intercom.js

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2