ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトに限らずデザインをする際に大事なのは全体としての調和がとれていることです。それは色合いであったり、オブジェクトの形であったりします。そういった全体のパランスが保たれていることがまず基本でしょう。

最近は多くのHTML5デザインフレームワークがありますので、そういったフレームワークとPalettaを組み合わせてカラーテーマを作ると格好いいサイトに仕上がりそうです。

Palettaの使い方

最初にこのような多彩なカラーパターンが表示されます。
最初にこのような多彩なカラーパターンが表示されます。

気に入った色を選ぶと全体として調和のとれたカラーパターンが展開されます。
気に入った色を選ぶと全体として調和のとれたカラーパターンが展開されます。

濃いものを選べば、全体として濃い色に展開されていきます。
濃いものを選べば、全体として濃い色に展開されていきます。

任意のカラーコードを指定してそこから多色展開も可能です。
任意のカラーコードを指定してそこから多色展開も可能です。

全て同色系という訳ではなく、黒やグレーも織り交ぜつつ全体としてバランスが保たれるようになっています。とは言え全ての色を使う訳ではなく、この中から3〜4つ程度をピックアップして適用するといい具合のカラーリングになるのではないでしょうか。

PalettaはHTML5/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Paletta - HSV Color palette for every Programmer

shoya140/paletta

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2