ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

あるURLに対して自由にディスカッションできるサービスというのは昔から幾つかあります。はてなブックマークもその一つと言えるでしょう。過去においてはGoogle Sidewikiなんてサービスもありました(現在は停止)。

この手のサービスは一定のニーズはありつつも、なかなか流行りきりません。しかしそこに果敢に挑戦していくのがWords for Chromeです。果たして流行るでしょうか。

Words for Chromeの使い方

こちらがWordsの画面。Chrome機能拡張として提供されます。
こちらがWordsの画面。Chrome機能拡張として提供されます。

任意のURLでWords for Chromeが使えます。まだコメントがない場合。
任意のURLでWords for Chromeが使えます。まだコメントがない場合。

FacebookまたはGoogleアカウントでログインできます。
FacebookまたはGoogleアカウントでログインできます。

日本語は文字化けしてしまいました…。
日本語は文字化けしてしまいました…。

返信もできます。
返信もできます。

トレンドのURLがリストアップされます。
トレンドのURLがリストアップされます。

意外と活発に議論されている場合もあります。
意外と活発に議論されている場合もあります。

設定です。通知もあります。
設定です。通知もあります。

この手のコメントシステムとしてはDisqusは埋め込み型で、Facebookのコメントボックスもよく使われています。Words for Chromeはそういった運営者による手間がない一方で、機能拡張をインストールしていないと使えないというデメリットもあります。

自由に議論できるという点においてはコミュニティサービスに発展すれば、広がっていく可能性があるのではないでしょうか。

Words for ChromeはGoogle Chrome用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Words for Chrome | Smarter, safer web comments

fivedogit/words-for-chrome

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2