ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubのプロフィールページにはアクティビティに応じたカレンダー機能があります。あれを全て埋めるべく活動するのは開発者にとってのモチベーションに繋がっているのではないでしょうか。

しかし単純にカラーリングだけでなく、もっと何をしたかを知りたいと思ったらCommitCalを使ってみましょう。GitHubのコミットログをiCalファイルにしてくれます。

CommitCalの使い方

使い方は簡単で、iCalファイルにしたいユーザ名を入力します。
使い方は簡単で、iCalファイルにしたいユーザ名を入力します。

そうするとURLが表示されるので、それを叩くとiCalファイルがダウンロードされます。カレンダーアプリに登録すれば定期的に取得してくれるはずです。

こちらがカレンダー表示。リンクもあるのでどの変更だったかも分かるようになっています。
こちらがカレンダー表示。リンクもあるのでどの変更だったかも分かるようになっています。

CommitCalではユーザ名を入れるだけなので、公開されているプロジェクトに対してのみ有効です。企業内部で使う時にはプライベートなプロジェクトも取得できるように改造しても良さそうですね。

CommitCalはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

CommitCal

HackPlan/github-commit-ical · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2