ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

個人的には情報収集にフィードリーダーを長い間使っていることもあって、そのリストにはこだわりをもっています。いかに効率的に情報を集めるか、オープンソースやWebサービスの情報を収集するのに最適化されているか、そんなこだわりがフィードリーダー内に再現されていると言えるでしょう。

それだけにopml-to-markdownのようなツールはとても興味深いです。opml-to-markdownはOPMLをMarkdownにし、さらにスライドにできるソフトウェアになります。

opml-to-markdownの使い方

まずはnpmでインストールします。

$ npm install opml-to-markdown -g

コマンドオプションはこんな感じです。

$ opml-to-markdown --help
Usage: cmd [options]

  -h, --help            displays help
  -e, --entry String    opml file path
  -o, --outfile String  output to file path
  --require String      builder module(like build-markdown.js) path

Version 1.0.0

例えばこんな感じにコマンドを打ちます。標準出力で返ってきますので、-oまたはそのまま出力をMarkdownとして保存すれば良さそうです。

$ opml-to-markdown -e feeds.opml 
title: 篤司 subscriptions in feedly Cloud
--

# ソフトウェア

- Hacker News
- はてなブックマーク - 新着エントリー - 『Google Code』
- freewaregenius.com
- Delicious/tag/opensource
- Android Developers Blog
- はてなブックマーク - 新着エントリー - 『Secure source code hosting and collaborative dev...』
- The Changelog - Open Source moves fast. Keep up.
- はてなブックマーク - タグ - OpenSource
  :

ファイルの内容はこんな感じです。
ファイルの内容はこんな感じです。

なぜこんなフィードを購読しているのかといった内容でプレゼンしたりするのも面白そうですね。社内で情報共有の一環として行ってみても面白いのではないでしょうか。

opml-to-markdownはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

azu/opml-to-markdown

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2