ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Markdownは主にHTMLへ変換されますが、それ以外でもPDFやePubへの変換など色々と用途が広がっています。パーサーも多く、シンプルなフォーマットなので自分のよく使っているファイル形式へのコンバートもさほど難しくなさそうです。

ということで今回はmd2docxを紹介します。名前の通り、MarkdownファイルからMS Wordファイルへ変換するソフトウェアです。

md2docxの使い方

実行したところ。Markdownファイルのドラッグ&ドロップでも可能です。
実行したところ。Markdownファイルのドラッグ&ドロップでも可能です。

変換後。画像も貼付けているところが素晴らしい!
変換後。画像も貼付けているところが素晴らしい!

md2docxは一気に変換するのではなく、行ごとにMS Wordに追記しながら進んでいきます。その様子が面白いです。PowerShellを使っています。対応しているのは見出し、表題/副題(専用記法)、リスト、画像、テーブル、改ページ(独自記法)などとなっています。

さらにマクロが記述できるようになっており、Wordオブジェクト、ドキュメントオブジェクト、セレクションオブジェクトに対して操作ができるようになっています。これを使いこなすとかなり面白いことになりそうです。

md2docxはWindows用、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

yukimemi/md2docx

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2