ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Markdownフォーマットがどこでも使われるようになっています。それだけ普及したこともあって、専用のエディタや各種エディタでのMarkdownフォーマットのハイライトサポートが当たり前になっています。

そこでターミナルでも同じようにMarkdownの可読性をあげてくれるのがmdrです。一度使うと意外と手放せない存在になりそうです。

mdrの使い方

インストールはnpmを使います。

$ npm install -g mdr

面白いのはローカル、オンラインのどちらでも読み込めることでしょう。

mdr                            # Show README.md from current directory
mdr foo.md -i                  # Use dark-on-light style
mdr http://example.com/foo.md  # Show foo.md from a the web
mdr -g mrchimp/mdr             # Show README.md from Github repo
mdr foo.md -g bar/bar          # Show foo.md from Bitbucket repo

こんな感じでGitHubのREADME表示も行えます。

実際に表示した例です。リストやヘッダーなどがカラー展開されます。
実際に表示した例です。リストやヘッダーなどがカラー展開されます。

mdrを使うとターミナル上でもMarkdownファイルが読みやすくなります。HTML化するのと同様に色付けすることで普段のMarkdownファイルとはまた違う読みやすさが出てくるでしょう。

mdrはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

2016年04月08日:ライセンス修正

mrchimp/mdr

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2