ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

2015年にはiPad Proなるものが出るなんて噂もあります。スマートフォン、タブレットの性能はどんどん向上しており、クアッドコアも当たり前になっています。そうなるとラップトップをもたず、タブレットだけですべての作業ができるようになってくることでしょう。

そうなると欲しくなるのがプログラミングエディタではないでしょうか。iPadで使えるエディタを探している方はEdhitaをトライしてみてください。

Edhitaの使い方

メイン画面です。HTML/JavaScript/スタイルシートが対応しています。
メイン画面です。HTML/JavaScript/スタイルシートが対応しています。

キーボードの上にもボタンがあって、そこで文字が入力できます。
キーボードの上にもボタンがあって、そこで文字が入力できます。

3ペインでの表示。
3ペインでの表示。

HTMLの場合はこのようにプレビューができます。
HTMLの場合はこのようにプレビューができます。

JavaScriptも実行できます。
JavaScriptも実行できます。

EdhitaはSwiftで作られたプログラミングエディタで、キーボードの上にプログラミングでよく使うような記号が簡単に入力できるようになっています。もちろん外部キーボードから入力することもできるでしょう。

Edhitaを単体で使うのはもちろん、オープンソース・ソフトウェアなので自作アプリの中にプログラミングエディタとして組み込むのも良さそうです。

EdhitaはSwift製、iOS製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Edhita

Edhita: Open source text editor on the App Store on iTunes

tnantoka/edhita

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2