ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

普段コンピュータに向かって作業している時に、ふとメモしておきたいと思うことがあります。テキストにメモしても良いですが、ファイルを作成するまでもないことだったり、保存処理が煩わしくて覚えておこうとします。しかし大抵、そういった思いつきは忘れてしまうものです。

そこで使ってみたいのがMemoです。ごくごくシンプルに使えるCLIのメモアプリです。

Memoの使い方

まずはヘルプです。

$ memo --help
invalid option, see memo -h for help
SYNOPSIS

    memo [options]

OPTIONS

    -a <content> [yyyy-MM-dd]    Add a new note with optional date
    -d <id>                      Delete note by id
    -D                           Delete all notes
    -e <path>                    Export notes as html to a file
    -f <search>                  Find notes by search term
    -F <regex>                   Find notes by regular expression
    -l <n>                       Show latest n notes
    -m <id>                      Mark note status as done
    -M </id><id>                      Mark note status as undone
    -o                           Show all notes organized by date
    -p                           Show current memo file path
    -P [id]                      Show postponed or mark note as postponed
    -R                           Delete all notes marked as done
    -s                           Show all notes except postponed
    -T                           Mark all notes as done

    -h                           Show short help and exit. This page
    -V                           Show version number of program

For more information and examples see man memo(1).

AUTHORS
    Copyright (C) 2014 Niko Rosvall <niko @ideabyte.net>

    Released under license GPL-3+. For more information, see
    http://www.gnu.org/licenses
Nothing to export.

基本的には -a でメモして、 -sで一覧します。

$ memo -a "新しいメモ"
$ memo -s
1   U   2014-11-15  新しいメモ

メモがたまってきたら-fで検索できます。

$ memo -f "メモ"
1   U   2014-11-15  新しいメモ

そのほか、ちょっとしたタスク管理としても利用可能で、-m/-Mでステータスを変更できます。大量の文章を残すのには向きませんが、ちょっとしたテキストをささっとメモするのにはぴったりではないでしょうか。

MemoはGPLのオープンソース・ソフトウェアです。

Memo - Unix-style note taking software

nrosvall/memo

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2