ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近流行のシングルページアプリケーション。プロジェクトの紹介サイトやランディングページなどでよく使われています。通常は静的ページで作り上げることが多いようです。

しかしそのコンテンツのメンテナンスを考えるとCMSの方が良いでしょう。ということで使いたいのがシングルページアプリケーション用のCMS、Cosmoです。

Cosmoの使い方

こちらがメインページ。そのまま表示すれば良さそうです。
こちらがメインページ。そのまま表示すれば良さそうです。

管理者メニュー。シングルページアプリケーションらしく、管理画面はありません。
管理者メニュー。シングルページアプリケーションらしく、管理画面はありません。

ブロックの設定。ブロックと呼ばれる単位でページを構成します。
ブロックの設定。ブロックと呼ばれる単位でページを構成します。

Cosmoの主な機能はコンテンツ管理、メニュー管理、ブロック、テーマ、ユーザ管理、モジュールとなっています。今後テーマや対応モジュールが増えると多彩なページが生まれてきそうです。

縦長でスタイリッシュなシングルページアプリケーションを素早く構築していくためにもCosmoのような仕組みでテーマを使えば自在にページを制作できるようになるでしょう。何かに特化したCMSは多いですが、シングルページアプリケーションに特化しているのはCosmoが最初ではないでしょうか。

CosmoはPHP製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Cosmo - The Single Page Application CMS

PENDANT: A Publishing Theme

CosmoCMS/Cosmo

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2