ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトを制作する上で、他のサイトから学べる点はとても多いと思います。しかし最近ではスタイルシートも細かく分けて設計されていたり、フレームワークを使っていて個別の要素の設定が分かりづらいことがあります。

DevToolsを使うのもいいですが、スタイルシートごとに分かれているので見づらいという方もいるでしょう。そこで使ってみたいのがCSS Digです。

CSS Digの使い方

CSS DigはGoogle Chrome機能拡張です。

インストール後、アイコンクリックで開始します。開始前にダイアログが出ます。
インストール後、アイコンクリックで開始します。開始前にダイアログが出ます。

解析結果です。
解析結果です。

選択すると使われている箇所が分かります。
選択すると使われている箇所が分かります。

色も確認できます。
色も確認できます。

CSS Digは要素からではなく、使われているスタイルシートの設定を一覧にします。色使いが何パターンがあるか、文字のサイズ指定がどれくらいあるかなど全体の設計が見て取れるようになります。

なお現状は@import未対応であったり、コンテンツセキュリティポリシーで引っかかる、HTTPS未対応、@media内の情報も出てしまうと言った問題があります。

CSS DigはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

CSS Dig

CSS Dig - Chrome ウェブストア

tomgenoni/cssdig-chrome

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2